前へ
次へ

胃腸の調子が悪いときに避けたい食べ物

胃が痛いときや下痢をしているときは、消化の良い食べ物を摂ることが大変重要です。ごはんは柔らかめに炊いたものかおかゆが胃に負担をかけませんし、消化が良いという点で腸への負担も軽くなります。たんぱく質では鶏肉のささみや卵が最適で、大豆製品のおからは消化に良さそうですが実はお腹の中で固まってしまいお通じが悪くなってしまいます。下痢をしているときは腸に極力負担を掛けない方が良いので、摂るなら豆乳にする方が良いでしょう。胃腸が弱っているときは脂物や香辛料などの刺激が強いものは厳禁で、チョコレートやビスケット、コーヒーなども胃腸に負担を掛けますので避けたい食べ物です。ゴボウやタケノコなどの繊維性が強いものも同様で、見るからに繊維の多そうな野菜やパイナップルなどの果物も避けたいものと言えます。栄養価が高い玄米や雑穀は消化に時間がかかるため、ごはんが食べにくいときは消化がよく腹持ちのよいお餅を食べることをおすすめします。

Page Top